FC2ブログ

気になるやる夫スレを、新旧問わずまとめるブログです 推奨環境:Google Chrome、Fire Fox

このブログについて/業務連絡(6)取扱作品一覧(1)キャラクター逆引き索引(36)やる夫派生・2ch出典 男キャラクター(9)やる夫派生・2ch出典 女キャラクター(9)版権作品 男キャラクター(8)版権作品 女キャラクター(8)オリジナル(156)★完結 【乳酸】 カルピス・タイム 【物語】(8)△休止 じっかぐらし!(2)★完結 やる夫は、灰色の世界に迷い込んだようです(13)★完結 やる夫がフラグと闘うようです(7)★完結 ◆jveIGtAKqU氏 魔法少女シリーズ(17)☆現行 薔薇水晶は好きになってしまったようです(27)★完結 兄妹(11)☆現行 薔薇乙女たちは遠い空を駆けるようです(4)☆現行 あるひ、せかいがおっこちて(7)☆現行 やる夫 と まどか の 現代型過剰生存奇譚(15)★完結 幸せは1K6畳ぐらいの大きさ(12)★完結 こちらアイドル研究会広院学園支部(12)◎補完中 ゴブリンスレイヤー(13)☆現行 れいか達は変身ヒロインになるようです(2)★完結 やる夫VS高遠遙一(6)学ぶ系(53)★完結 やる夫で学ぶ「出川哲朗」(5)★完結 やる夫とやらない夫はマモノと今夏の甲子園49代表を紹介するようです(3)☆現行 やるやらと行く、貨幣学の旅(25)★完結 やる夫がやらない夫に版権キャラAA表情改編を教わるようです(7)★完結 やる夫で学ぶ天鳳のやり方(5)★完結 シンデレラガールズで学ぶ、ふわっとした心理統計っぽい話(8)歴史系<日本史>(33)★完結 やる夫の天狗党乱記(19)☆現行 巨人軍に葬られた男~湯口敏彦物語~(7)★完結 やる夫達の村に羆嵐が吹くようです(7)歴史系<世界史>(15)☆現行 かんざすっ!! ~ 日常系西部開拓史 ~(15)ゲーム・コミック系(92)☆現行 嗚呼、斑鳩が行く・・・・・・(8)☆現行 【STEINS;GATE】 如月は行く(14)☆現行 ドラゴンクエストⅣ できない子と導かれし者たち(22)☆現行 やらない夫はポンコツビークル乗りのようです(17)☆現行 お酒は夫婦になってから(9)☆現行 やらない夫はオオサカの住人のようです(2)★完結 喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~(15)☆現行 妖怪ウォッチ ~無常~(4)☆現行 THE IDOLM@STER -ありす地獄篇-(1)小説・ドラマ・映画系(145)★完結 やる夫、家を買う。(16)★完結 彼女達は正しい魔法少女を目指すようだよ。(19)★完結 ヤルオの壜(7)★完結 やる夫達は冬休みを松籟館で過ごすようです(15)★完結 さんすう刑事やる夫(13)★完結 やらない夫のひとりWWⅢ(12)★完結 できる夫がバトロワな修学旅行へ行くようです(11)☆現行 風鳴翼は満足するようです(18)★完結 やる夫が仕置人になるようです(17)★完結 新城直衛と三匹の獣(8)☆現行 彼女達は強い魔法少女を目指すようです(3)◎補完中 できる夫達は百万ドルを取り返すようです(6)旅・グルメ系(11)★完結 ごはんやるみ(11)安価・ダイス系(93)★完結 できる夫は"プロ"のようです(17)◎補完中 布都は八方塞がりの領主のようです(35)☆現行 わたしとまことにちいさなくに(41)一話完結短編(24)年末年始三大やる夫短編祭(2015年12月・2016年1月開催)(19)

スポンサーサイト

ブログトップ > スポンサー広告 > ◆jveIGtAKqU氏 魔法少女シリーズ 目次
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆jveIGtAKqU氏 魔法少女シリーズ 目次

ブログトップ > ★完結 ◆jveIGtAKqU氏 魔法少女シリーズ > ◆jveIGtAKqU氏 魔法少女シリーズ 目次
                           /⌒                                ___             / /
                  ⌒\   / /⌒                              \__\      _     /.∠-――‐-、
            -―z‐z‐z‐へ \,///ニニ=-                               _>\ ./ ̄   ̄>K∠_ ̄ ̄ ̄ハ\
                 \ニニニフ⌒:.:―:.⌒ヽーへニ=>                           / ./ ̄_`´   、 、 、/l.ハ、 >―-、 } }
               /⌒ く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',ニ\- 、                            / /´/, .i ハ ム才メハ.ハ .!  ̄ ̄ ̄ / ハ
                |     i:.:/:.:.:.:/:./vヘ:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:', ⌒  ヽ                       |./ / /i |キミト\ィiチ心l.i├|    _// /
              /:.|     |:.|:.:.:.:.ハ/"゙゙゙ヽ:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.',    }                            レ!l.|l | | ハlritミ   丈ツル.|イ   /<´ /
            /:./|     l十‐-ト    V-‐十.:.:.:.:.:.    ,、                            ハ∧ l \l`丈〉,  _'''' 从!  ,>――- 、
         /イ:./  |     |八:.:.:|     |:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.|  /:.:\                        八 \|\{ {.ゝ _ー'_∠彡ナ >―<.ハ
          |/   ,|    〃宅う     侘う ヽ:.:.:.ハ|  /\⌒                          \_>,∨‐z―ヌヒ/_/´ /  ◯Y.} }____
          {   /:|    | 込ッ     込ッ }:.:.:.|  / ⌒                             _/   〉〉i/r┬‐┤  |ゝ__ノ//_x―<
           /.:.;      |       ′      ノイ:.:|  ∧                          |   ̄∨ ̄甘┴‐ォ<メヽ\_  〉 ̄
             /:.:/ー---‐ ヘ   r―‐ v┐  / -|:ノヽ/:.:.i                          ∨  _〈__/'≠lヌ// //―</
         /:.:└r―-―イ:.>  ー―‐ ′ イ   l'  }′:.|                              / ̄ 〉_>‐/ _|ヌ//厂 ̄ /丁
           /:.:/:.:.:.|     |:.:.:トミ=┐┌イ:.:.:/    ハ:.:.|                            // ̄   |.// }}/ ̄  /\|
        /:.:イ:.:.:.:.:|     マ)ヽ_)∨(__ト〈、   :. /  V                              {´ ̄\ヽヽ//>イ ̄` ./
.       /:./ |:.:.:.:.八   :.  〉/ニニ7 _くニニ\ ::./:、:.\                            ゝ―--!/_イ丁   _,/
      /:./ |:.:.:.:.|.:.:.:.   ::, /ニニ/ ハ_)ト\ニ=V:/:.:.:.\:.\                            r―.イ ̄  |_二ニ./>、
       / ′ !:.:.:. |:.:.:.:ヽ ::Уニニゝ‐┐ r_ノニニハ :.:.:.:.:.\:.\            ______    ヌナ 〉、、    //  ∧
.     /′   |:.:.:.:.|:.:.:.:{ヽ/ニニニニニ〈___〉ニニニ}:.:.:.:.:.:.:. | \:.\   ____z‐' ̄/       ̄¨//ー7| \_>イ/     ∧
            Χ:.:.|:.:.:.:.Vニニニニニニニ|ニニニリ:.:.:.:.:.:.:.:.|    ⌒    >/>ヽ  ̄ ̄\     //ヽ」」/   ̄/ ̄/!/    ハ
            ∧:.|:.:.:.:.:.ヽニニニ 辷_彡|ニ辷彡7:.:.:.:.:.l:.:.:.|       > | \_∨     |  _//―</ `ー '´  .z/ |        |
            /:.:.:ソ:.:.:.:.:.:.:.ト ニニ ヾ=-ニ | / ヾ=‐{:.:.:.:.:.:l:.:.:.|         \|...< .|   ___l/ /  / ̄ |`―==彳/ |       |
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:} ニニニニニ / ニニニ|:.:.:.:.:.:l:.:.:.|       <l.  \!/  / /_/      ̄ / //.|      /
.       /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.从 ニニニニ; /| ニニニ〉:.:.:.:.:.l:.:.:.|          /乂 /|   <メ// \      /  .//  .|       /

              lll                     -─-
        '''''''''''''''''llll'''''''''''''''''''''        /        \                          ''''''''''''''''''''llll''''''''''''''''''''''''
         ,,,,,,,,,,,,,llll,,,,,,,,,,,,,,,,,,         ;     /| ∧ i ハ          , -  - 、         ,,,,,,,,,,,,lllll,,,,,,,,,,,,,,,,
            ,,lll   'll,,            | | | /‐|/  j八!|       /(● ●) ヽ         lll,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,lll
        ''''''''lllll'''''''''''''''''lllll''''''''''        | | |゙ >   <Ⅵ      く ヽゝ(_人_) ノ        lll,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,lll
         ,,,,lllllllllllllllllllllllllllllllll,,,,        八r‐x '' (:::::::)''ノソ       \      _つ         lll,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,lll
        l''' llll      llll   '''l'        /¨ソzz石テつ´         |     〈            ,llll,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
           lll''''''''''''''''''llll          <乙`ーrxソ |              |     ヽ          ,,,,,,ll''''llll'''''''''''lllll'''
           lll,,,,,,,,,,,,,,,,,,llll            (人゙ーヘ/ :|              |_/ ̄ ̄ \)        '''     'llll,,,lll''
           '''      '''                (>'’`⌒                         llllllllll'''''''''' ''''''''''llllllllll'

       ,,,,,,,,,,,llll,     llll             -――-<`ヽ                              llll,,,,,,,,,,,,,,,,,,
       ''''''llll       lllll         ,.'   i i  i: 、ヽ、 丶                      ,lllllll''''''''''''lllll'
       ,,,,,,llll,,,,,,, llll  llll   ll'     〃 ./ i ハ∧: :ハト、! i丶 i             ノ 、 、      ,,,,lll''' lll,,  ,lll''
       ''''''llll'''''''' lll  llll   lll'     | ,.l ト'-‐ |:: !‐- } l::  l          ● ●) l       ll''''     'lllllll'
        ,llllll,,,,  llll   lll,  ll'      |:/ l ::| = ヽノ =i! i::、 ヽ、       (人__) |         ,,,,llll''''''''lll,,,,,,
       ,,llllllll''''lll     ,lllll,        |ハ :l::ヘ  __  l: ハ::i:  、i      (^ヽ    ノ      ,,,,,llll'''''' ,,,,,,,   ''''''lllllll,,
       ''  lll      ,,lll'''lll,,        j 从/ゝ_`ー'_,.ィ,、j i!:l   l l       \/   ヽ       ''''     '''''''''llllll     '
          lll     ,,,lll'   ''ll,,,      `' ,. ─y'  ̄ ヽ_,- 、レ`、: l l         |   lノ          ,,,,,,,,,,,,,,,
          lll   ,,llll'''     ''llll,      ,イ :::::,:l___l:、::::::ヽ }: l !         ゝl  l            '''''''''lllllllll,,
          '''   '''              〉、::::{::::::::::::::::::::}::::::ノ l 〃        (_(___ノ                    '''

                                                      ト、
                '"´  ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、                            |i:i:i`iト 、                )ヘ
                 / : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ、                         |i:i:i:八 \                /.:i:i》
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \                 ______j厶ィ⌒ヾ、`ー…‐-  ._    ん,:i:i:ij′
            ./: : : : : : : : : : : :l: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ              ⌒ヽ,                      `ヽ、 /.:/.:i:ij’_
        /: : : : :.:l: : : : : : : : |: :l: : : : :ヽ:\ :   l: : :l                    > ´ /⌒~      /⌒ヽ  V.:/.:i:i:厶 `ヽ.
       /://: : : |:| : : : |丶: : : .ヽ: : : : :l/∨二|: : :l                /  ´ , /            ヽ, `、 マ.:i:i:/⌒ヾ、  ,
       // ./::| :| : |:| : : : |...ヽ: : : : 丶 /|_ | ==|_ : :|                  ゙ /    / ゙  ,i ∧ i__i__ i ;   Vハ   vi《      .
      /  // |: :|: : |:l`ー‐ト、 ヽ : : :/化仗「j}| : : | } :│            i    / ,〈/  ,斗-|│L」,__j`jヽ,¦j' i彡',|i:i:i,      :
         /  .V: :_|:L‐fr〒仗仆'∨ 弋辷ソ ノ!.:.: :レ: : :|              レヘ!  ' !   y弌ji レ゙孑云テく< レ; |_,ノ从:i:i,     !
    __  _   .|ヘ:.:.ヘヾ弋辷ソ    ` …'´│: : !: : : |               │ⅰi |  〈トィi}    トィ ;j} 狄ノ かv ム:i:i:i,    !
     ヽ._| |_/ /〉 |:(ヘ : ヽ`…‐'´   .._   |: : /: : : :|                し勹__」、 代リ   V少゙  灯 イレ' 厶i:i:i:i:i:,    ¦
          `‐′|: :`ヘ: :丶   マ   Ⅴ ) .イ!: /: : :∧!               | .: 《i:仆トハ'゙゙゙ '     '゙゙゙゙゙'' │ i /  代:i:i:i    ¦
      ,.ヘヘrー、  |: : :ハ: : :l≧=- ゝ _, <|: :j:|/ : Ⅳ                  | .: 》' レィ爪   っ       | 丨    | \j    │
.     ///⌒V  |: /ヽ∧ : l \ `く―-、 ヽ厶ヘ∨                   | .:      | \        从 」     |         |
    〈    '´r〉  '´ / \|    ∧`ーrrュノVヘ`ヽ                 レ゙    │  |`ニ=r=≦_,/,' ハ、  │         |
    ヘ     }   / ̄        ∧ミヘ l |彡Vヘ \                |i     l  厶ィ⌒i/i/i/i7  /  \、 |         |
     ヽ   く  /           ヘ    |:::::|   ヘ  ヽ             |;       j │    V⌒V   '     》、|         l
      \  `く二ヽ      __.       |:::::::|  ヘ  )、              |     イ  i|     》'^7   i     //^7      ¦
        ヽ  ノ〉 人    /「´     ヘ  ..|:::::::|  ヘ   \          |   / │ i|   ,ィチへ|   i|   // /ヘ,       ¦
       (〈^彡'      /  l        |:::::::|   .,}    \         |  '/|i |   ト<f⌒アハ」   iト=ィ / /  !      i
        ヽ {      /    l     ヘ   .|.○ ‐:、 ..} /    `ー┐    | ,'/ ⅱ八 卜イ`7/  レi iト-孑 ′ ¦     │
           \__/       〉.         | 弋_丿´l        __}     │'/ !   )、j^7 (仁i   れ'jィ │    |     │
                      〔    ./     ̄ ̄  |\_    〃^\    |/   |     /  iニi  lニl /! │    |     │





連載期間 : 夏 2011年1月  冬 2011年12月  春 2014年4月  秋 2015年9月


人と人との繋がりを、「魔法」という要素を媒介に描き出した短編集です。
コンセプトは共通ですが、世界観は共有されていないので、4編のどのお話から読んでも問題ありません。
作者さん曰く、シリーズにする予定がなかったが気付いたらシリーズになっていたとのこと。
一本あたり各4話ずつという分量も、安定感のあるハッピーエンドも、どちらも安心して読める要素でしょう。


【やる夫と魔法少女の夏】

夏休み、祖母の家に一人で遊びに来たやる夫は、近所を探検するうちにある少女が魔法を行使する瞬間を目撃してしまう。
高町なのはと名乗るその少女は、魔法界から迷い込んだユーノというフェレットを魔法界に帰すための手助けをしていた。
人助けをすれば、ユーノが帰るためのエネルギーを貯められると知ったやる夫は、なのはに一目惚れしたこともあり、
次の日から早速人助けを手伝い始めるのだが、順調に貯まるエネルギーとは裏腹になのはの表情は徐々に曇りだして……


<主な起用AA>

やる夫 高町なのは ユーノ・スクライア(フェレット版) ドーラ


第1回  第2回  第3回  最終回


【魔法少女の冬】

フェイトはいつも自分の面倒を見てくれる10歳年上の大学生・やらない夫に淡い恋心を抱いていた。
そんな折、彼女の部屋にサンタクロースと名乗る女性が現れる。なんでも、スペシャルプレゼントが当たったとのことだ。
そしてフェイトは、サンタクロースからクリスマスまでの間、自由に大人の姿になることが出来る魔法をプレゼントされる。
大人の姿になったフェイトは、それとなく自分のことをどう見ているのかやらない夫に探りを入れようとするのだが……


<主な起用AA>

フェイト・テスタロッサ やらない夫 アルフ リンディ・ハラオウン


第1回  第2回  第3回  最終回


【魔法少女の春】

幼馴染の上条当麻に恋心を抱いていたものの、それを切り出すことが出来ずにいた美樹さやか。
そんなある日、さやかは道端で行き倒れかかっていた少女を助ける。エネルギー切れで空腹になっていたその少女は佐倉杏子と名乗った。
杏子は助けてもらったお礼にと、さやかの願いを一つ叶えることを提案すると、さやかは一も二もなく自分の恋が成就させるよう提案する。
だが、魔法を使って人の心は直接変えられないという制約があった。その制約の中でさやかはあれやこれやと腐心して当麻を振り向かせようとするが……


<主な起用AA>

美樹さやか 佐倉杏子 上条当麻 御坂美琴


第1回  第2回  第3回  最終回


【魔法少女の秋】

喫茶「マリーベル」。この店で口にした願いは叶う、そんな噂の立つ喫茶店だ。
その実態は、店主の美国織莉子とアルバイトの呉キリカが人知れず魔法を用いてその願いを叶えるべく奔走していたのだ。
とりわけ、幼い頃の事件で周囲と距離を置いていたキリカにとって、織莉子と過ごす時間は何物にも代えがたいものであった。
だが、二人が出会って1年になろうとするある日、織莉子が突然魔法の国に帰らなければならないことを告げて……


<主な起用AA>

呉キリカ 美国織莉子 天羽奏 パトリック・コーラサワー


第1回  第2回  第3回  最終回



関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by やるならやらねば管理人 / Designed by マンゴスチンw /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。